ソウルサウンドライアー 癒しの響き・祝福の音を届けます

 ソウルサウンドライアー奏者 George (ジョージ) プロフィール

10歳からトランペットを始め、学生時代は吹奏楽、その後、トランペッターとしてもっと華やかな音楽を演奏したくなり、ジャズのビッグバンドやホーンセクションのバンドで活動、演奏ジャンルも、ジャズやラテン音楽、そして歌謡曲なども好んで演奏し、歌手のバックバンドの仕事も長く務める。
30年以上トランペッターとして音楽活動をしていたが、
2011年3月11日の 東日本大震災を経て、祈りの響き・光の音を強く意識するようになる。

震災後には、閃きのままにレイキセミナーを受講、現在レイキヒーラーとしても活動している。
生活の中でレイキのエネルギーを活用しながら、
レイキの優しい愛のエネルギーとともに、
癒しの楽器の、静かな美しい音を奏でたいというイメージが現れてくるようになる。

そんな時…2016年5月、いくつもの奇跡的な出来事が重なり、山形でソウルサウンドライアー、“ タオライアー ”との劇的な出会いをする。

「これが自分が探し求めていた響きだ!」

と、光のような、ライアーの美しい響きに衝撃を受け、自らも、トランペット奏者からソウルサウンド ライアー奏者に転身。
光の音・祈りと癒しの響き、そして賛美と祝福の響きを届ける活動をしている。

今まで約40年の音楽演奏の世界で積み上げてきた経験、体験、
研究、探求して学んできたことを活かして、
ソウルサウンド ライアーの精神世界や美しい世界観と、
このライアーでしか出来ない美しいアートな癒しの響きの融合 を表現したいと思い、ライアーで自分のオリジナルな世界観を表現・展開している。

実はHSP…という自分の特性をライアー演奏に最大限に活かして、繊細で美しい音楽を表現している。

ミニコンサート形式で横になってリラックスして聴くヒーリング・イベントの【 音浴会 】 や、
ライアーによるヒーリング&セラピーの為の 美しい音による施術、【 個人セッション 】 も行っている。

心理カウンセラーでもあり、悩みを抱える人の心に寄り添い、心を軽くするサポートもしている。
福島県在住。